カービィータイトル修正

読者から質問されて「あ。なぜこの問題を考えたことがなかったんだろう!?」としみじみ思うことがある。カービィの骨格問題なども、その典型だ。

『星のカービィ』といえば「どんなものも吸い込んで、その姿や力をコピーする」という特異な能力があまりに有名で、その問題は検証したことがあるのだが、骨格までは考えてもみなかった!

 

カービィの体は、直径20㎝ほどの球形である。前面に顔が、両脇に腕が、下部に足がある。どういう骨格であれば、そのような体型になるのだろうか?

われわれ人間とは大きく違うし、それどころか自然界を見渡しても、あんな体型の生物はいない。どうなっているんだろう? 言われてみたら、もう気になって仕方がありません。

 

パーツは人間と同じでは?

 

そもそもカービィに骨なんてあるのだろうか?

やっぱり、あるのでしょうなあ。もし骨がなかったら、筋肉だけで運動していることになり、タコやミミズのように地面を這い回ることしかできないだろう。

カービィが歩いたり、武器を使ったりできるということは、少なくとも手足には骨があるはずだ。

 

またカービィは、状況に的確に対応し、次の展開を予測するなど、高い知能を持っている。ここから脳があることは間違いなく、ということは、脳を守る頭蓋骨もあるのだろう。

さらに、得意の「すいこみ」をするには、肺が必要だ。肺が空気を吸い込めるのは、肺に筋肉があるからではなく、肋骨という容器に収納されていて、下の開口部で横隔膜が上下に動くから。すると、空気を盛大に吸い込むカービィには、肋骨もあると考えられる。

当然これらの骨々は、人間の背骨にあたる骨でつながっているはずだ。さらに手足を滑らかに動かすには、腕の骨がつながる肩甲骨と、足の骨がつながっている骨盤も不可欠だ。

やややっ。こんなふうに考えると、カービィの骨格も、パーツはわれら人類とほぼ同じではないか……という話になってくる。

 

すると不思議である。骨のパーツが同じだとしたら、なぜわれら人間とカービィは、なぜこんなにも体型が違うのだろう?

 

考えられるのは、パーツの形と大きさ、そして、組み合わさり方が大きく異なるということだ。

カービィは、球形の体から手足が生えている。ひょっとして、頭蓋骨に直接、肩甲骨や骨盤がついているのか? いやいや、それだと「すいこみ」に必要な肋骨の入る余地がない。

おまけに、その骨格では、手足の筋肉が頭蓋骨についていることになる。そんな肉体構造だと、歩いたり武器を振り回したりするたびに、顔が歪んでしまう。手を前に出すとシカメッ面になり、後ろへ反らすとヒラメ顔に……。ううむ、イメージすると、まったくかわいくありませんな。

 

盛大に想像してみましたぞ!

 

もちろん、実際のカービィは、そんな不気味な百面相など演じてはいない。ということは、肩甲骨や骨盤は、われわれヒトと同様に、頭蓋骨とは離れた場所にあるのだろう。

にもかかわらず、カービィの腕は、まごうことなく目の真横についている。この事実をどう考えればいいのやら……。

考えに考えた末に、筆者が思い至ったのが、下のイラストの想像図である!

 

星のカービィ 図解変更

カービィの骨格は、頭蓋骨が体の前面に張り出し、他の骨は中心から背後を占めている……はず。なんとも不気味だが、顔と腕の位置関係を考えれば、この構造しかないと思うのだ。

こういう骨格であれば、カービィの大きな目と口が体の中央部にあることも納得できる。

また、その独特な腕の動き方も説明できる。われらヒトの腕は、肩を中心にして前後や上下に動くが、カービィの場合は、腕を上下に動かすと、腕の付け根も上下に移動する。不可解な現象だなあと思ってきたが、想像図のように肩の関節が体の奥にあり、腕の先端だけが体表から突き出していると考えれば、これも可能になるだろう。

 

さらにカービィは、腕を上げても、下げても、真横に伸ばしても、その長さが変わらない。こういうことが起こり得るのは、肩の関節が球形をした体の中心にあるときだけだ。つまり、カービィの左右の肩甲骨はきわめて小さく、体の中心近くに2つ並んでいるに違いない。

これは足も同じだ。カービィの足は、フトモモやスネ、つまり英語でいう「レッグ」がなく、「フット」だけが体の下部を滑るように動く。このような動きが可能なのは、骨盤がやはり体の中心部にあり、レッグが体内に埋もれている場合だけであろう。

 

すると困ってしまうのが、肋骨の位置だ。肩甲骨も骨盤も中心にあるとしたら、本来はその中間にあるべき肋骨の収まりどころがなくなる。窮余の策として、体の背面に張り出していると考えるしかない……。

などなど、さまざまに悩み抜いて完成したのが上の骨格想像図なのである。

 

胃はどこにあるんだろう?

 

自分で想像しといて言うのもナンだけど、この骨格図、全然かわいくありませんなあ。どっちかというと、ブキミ……。

 

おまけに、大きな問題があるではないか。食べたものは、どうなる?

カービィは、普通の食べ物も盛大に食べるから、胃や腸も間違いなくあるはずだ。人間の胃腸は、骨盤に支えられているが、カービィの骨盤は想像図のように、体の中心に小さくまとまっているはずなので、胃や腸を支えることができない。するとカービィの胃腸は宙ぶらりん!? それだと胃も腸も垂れ下がり、人間なら「ポッコリお腹」になるところ、カービィは「ポッコリ尻」に……。

 

う~む。この問題はどう考えるべきかなあ。ひょっとしたら、体よりはるかに大きなものを吸い込むカービィの口は、宇宙のブラックホールとかにつながっていて、胃とか腸は必要ないとか……? あるいは、カービィにとっては空気も食べ物も区別はなく、あらゆるモノを肺で消化してしまうとか……?

ああ、もう全然わからん。このムズカシイ問題も、カービィに吸い込んでもらえんかな。【了】