web用サンジ空中歩行タイトル画

『ONE PIECE』にはすごい能力を持つキャラがいっぱい登場するから、少々のことでは驚かないつもりでいた。でも、この人にはビックリした!
「黒足のサンジ」の異名を取るコック・サンジ。無類の女好きだが、料理人としては超一流で、その腕を決して傷つけないよう、戦いでは足技しか使わない。そんなサンジが空を飛んだのだ!
海底の魚人島で、魚人たちが四方八方から突進してくる。そのとき、サンジは空気をタタタタタタタタと蹴って、真上に上昇。これぞ、空中歩行(スカイウォーク)だ。

サンジは「悪魔の実」による特殊能力は持っていないのに、なぜそんなスゴイことができるようになったのか?
秘密は、カマバッカ王国で過ごした2年間にあった。雨の日も雪の日も雷の日も、オカマの群れに追い回される。根っから女好きの彼にとって、これは耐え難い日々だった。そしてあるとき、周囲からオカマたちに追いつめられて逃げ場を失ったサンジは、ついに空に向かって逃げた……!

すごい話である。サンジは、悪魔の実の力ではなく、自分の体力を高めて、この能力を得たということだ。その原動力は、女好き! 開花させたのは、オカマの群れ! マンガ界広しといえども、こんな理由で空を飛んだのは、このヒトくらいでしょうなあ。
――だが、実際に足で空を歩くことなどできるのだろうか。

なぜ人間は空を歩けない?

あれは筆者が5歳の頃だったか。父の友人が「空を飛ぶ術を教えてやろう」と言った。目を輝かせて「教えて!」とお願いすると、「右足が地面に着く前に、左足を出す。これを繰り返せばいい」。
筆者は「そうなのかー!」と喜んで、果敢に挑戦したが、何度やってもできなかった。無念であった……。

これ、なぜ実現できないのだろう。理屈としては正しいような気がするのだが。
右足が地面に着く前に左足を出すということは、その瞬間、両足とも地面から離れていることになる。問題はここだ。空中では体を支えるものがないから、そこから足をどう動かそうと、体は落下してしまうのだ。

するとやっぱりサンジが落ちずに空を歩けるのが不思議。彼はなぜそんなことができるのか?
マンガの描写を見ると、サンジは「タタタタタ」と空気を蹴っている。おそらく彼は「空気抵抗」を利用しているのだろう。
空気抵抗は、物体が空気にぶつかって生まれる力で、通常は物体の動きの邪魔をする。新幹線や飛行機が流線型をしているのは、空気抵抗を弱くするためだ。サンジは逆に、空気を蹴ることで強い空気抵抗を生み出し、その力で体重を支えているのではないだろうか。

科学的には成立する理屈である。だが、実践となると難しい。
たとえば、サンジが時速60㎞で空気を真下に蹴ったとしよう。これはキックボクサーのキックなみのスピードだが、サンジの靴のサイズを27㎝とすると、発生する空気抵抗の強さは850g。体重を支えるにはまったく足りない!

では、どうすればいいのか。空気抵抗の強さは、「空気が当たる断面積」と「速度の2乗」に比例する。ここから考えると、ものすご〜〜〜いスピードで空気を蹴れば、空気抵抗で体重を支えながら、空気を足がかりに上昇することも可能になる……かもしれない。

マッハ5で空気を蹴ろう!

必要なスピードを計算してみよう。
サンジは身長180㎝だが、細身なので体重は70㎏と仮定する。足のサイズが前述のように27㎝なら、体重を支えつつ、一蹴りごとに1mずつ上昇するためのキックの速度を求めると、なんと時速6120㎞=マッハ5だ! 
いくらサンジでも、そんなキックが放てるの?と心配になるスピードだが、ここはがんばってほしい。筆者の計算では、マッハ5で空気を蹴れる人は、一蹴りごとに1mずつ上昇していけるはずなのだ。

もちろん、カンタンな話ではない。
右足を蹴って1m上昇したら、すぐ左足を蹴らないと落ちてしまう。1mの上昇にかかる時間は0.55秒だから、サンジは0.55秒おきに左右の足をマッハ5で交互に蹴り続ける必要がある。疲れて足を止めたら、真っ逆さまに落下。サンジはどんなにツラくても、タタタタ……と空気を蹴り続けるしかない。
めちゃくちゃ疲れると思う。劇中、サンジは目測100mほど上昇していたが、この高さまで上がるには、空気をマッハ5で100回蹴らなければならない。しかも100m昇るのに55秒もかかる。
だったら、ジャンプしたほうが早くないか? 空気をマッハ5で蹴れる体重70㎏の人が、両足でジャンプした場合の到達距離を計算すると……なんと高度1100m! サンジは空中を歩かなくても、ものすごくジャンプできることになる。その場合、高度100mに達するまでの時間は0.69秒。うーむ、空中歩行よりずっと早い。

たいへんなわりには効率の悪い空中歩行である。でも空を歩けるのは、やっぱりカッコいい。筆者も練習に励みたいと思います。【了】

web用サンジ空中歩行図A

本文・柳田理科雄
イラスト・近藤ゆたか