ビームサーベルタイトル

『スター・ウォーズ』のライトセイバーと『機動戦士ガンダム』のビームサーベル。よく似た「光る剣」だが、どちらが武器として強力なのだろうか?
後編では、対戦をシミュレーションしてみよう。

ルーク・スカイウォーカーと全高18mのガンダムでは大きさがあまりに違うという問題があるが、それには目をつぶり、両者がともに「人間の大きさ」になって戦うとしたら……と考えよう。以下、この前提にあわせ、ビームサーベルの発熱量も少なくなると仮定する。

構えたときから、勝負は始まっている

それぞれの剣を構え、間合いを測るルークとガンダム。すでにこの時点で、2つの剣の特性が戦いに影響を与える。
ライトセイバーの光は、剣の長さの方向に放たれているはずだ。
これに触れると、強力なレーザー光を浴びたときのように、大量の熱が発生するのだろう。ルナチタニウム合金製で、無類の強靭さを誇るガンダムの装甲さえ、溶融や蒸発は避けられない。
だが逆にいえば、ライトセイバーの刃に触れない限り、ガンダムは安全ということだ。

対するビームサーベルはどうか。
高温の物体や粒子の集まりから放たれる光は、四方八方に広がる。実際に『起動戦士ガンダム第08MS小隊』では、出力を最小に絞ったにもかかわらず、雪に近づけただけで大量に溶かし、広大な露天風呂を作っていた。
つまりビームサーベルは、ガンダムが構えた段階で、周囲に熱を放っているはずなのだ。
その熱はどれほどだろう? 
初めての戦いで、ガンダムはビームサーベルを水平に薙ぎ払い、1機目のザクの胴体を1・2秒で両断した。この行為からビームサーベルが放っていた熱を計算すると、なんと2600万kW。ガンダム本体のジェネレーター出力は1380kWという設定だから、ビームサーベルは本体の1万9千倍ものエネルギーを持っていた計算になる。これ、すごい武器ですなあ。

感心している場合ではない。ルークの立場になると、戦う前からたいへんキビシイ状況である。
ガンダムとの間合いが5mだとしても、ルークが浴びる熱は、真夏の太陽の3800倍! 生身の人間がこんな熱を浴びては助からない。フォースの力である程度は防げるだろうが、ルークとしては一瞬でも早く勝負をつけたいところだ。

だが、事情はガンダムも同じである。
ビームサーベルが熱を発し続けているということは、刻々とエネルギーを消費しているということ。つまりビームサーベルには、使える時間に限りがあるはずなのだ。

結局、ルークは暑さゆえに、ガンダムはエネルギー切れを防ぐために、少しでも早く戦いを終わらせようとするだろう。
立場も目的も違うのに、そこだけは同じとは、人生わからんものである。

短期決戦か、長期戦か!?

かくて両者はモノも言わずに斬りかかるだろう。
まったく同じタイミングで剣を振るい、その結果、壮絶な相打ちに……はならない!

『ガンダム』のアニメ画面を見ていて気づいたのだが、ビームサーベルは、実によく「しなる」のだ。
振ると刀身が後方に湾曲して、切っ先が後からついてくる。ガンダムが真上から振り下ろし、柄はすでに正面を向いているのに、刃の先端がまだ頭上に残っていることさえある。つまり、Iフィールドには一定の弾力性があると思われる。

これに対してライトセイバーは、残像で扇型に見えることはあっても、しなることはない。
すると、両者が同時に剣を振った場合、ライトセイバーはビームサーベルより早くガンダムを襲う! ジュッと溶融して飛び散るガンダムの装甲!
フェンシングや剣道であれば、この時点でルークの勝ちだ。

だが、戦場での真剣勝負だとしたら、話は違ってくる。
ライトセイバーの一撃が、ガンダムの致命傷にはならないだろう。前述のとおり、ビームサーベルは高熱を発している。間合い5mで真夏の太陽の3800倍だったが、近づけばもっと熱くなる。
2mで太陽の2万2千倍、1mで7万6千倍。生身のルークはそれに耐えながら剣を振るったわけで、さすがのフォースの使い手も、踏み込みが甘くなったとしても不思議はない。

かくて、勝負は持久戦に入る。ルークはできるだけ距離を取り、斬りつけてはさっと退くヒット&アウェー戦法で戦うことになるだろう。
ガンダムはビームサーベルがしなるのを防ぐために、最初の戦いで2機目のザクを倒したときのように、突きを主体とした攻めの戦法に徹するのではないか。

こうなるともう、ルークは徐々に苦しくなるはずだ。高温ゆえに脱水症状に襲われる可能性もある。
そうなったとき、ビームサーベルの突きを受け、体の一部でも負傷するようだと、痛みと出血で戦いの続行は難しくなる。
一方、モビルスーツであるガンダムは、負傷による痛みを感じることはなく、パイロットのアムロがやられるか、核融合炉を破壊されない限り、平然と動き続けるだろう。
この点まで考慮すると、有利なのはガンダムということに……。

スターウォーズ図解

ただし、これはあくまでもルークとガンダムの勝負であって、これがそのままライトセイバーとビームサーベルの能力比較とはいえない。
武器は、使われる状況によって発揮される力が変わってくる。そもそも片方が生身、片方がモビルスーツに搭乗……という対戦は、あまりに条件が違いすぎるもんね。【了】

イラスト:近藤ゆたか